<< 夢の中で大阪で出会いがあり奇妙だった | top | 大阪の出会いで人を探しています >>

大阪で出会いがあるが拒否は不可能


欧米の政治政策とは対照的に、日本が最終的にミャンマー、インド、タイ、台湾、パラオ、日本、満州などに対して支配した国は、欧米諸国の政治政策、会社、病院、裁判所、デパート、ホテル、鉄道、ダム、製鉄所、造船所、道路などを作って、軍隊で教育を受けた青年を築いた。大阪で出会い
さらに、自発的な戦争ではありません。
日本の皇帝によって命じられた国連の受託者と勝利国の統治になる権利があった。
これらの国のための日本の政策は戦争後に評価されます。

当時、白人は1位、黄色の人と黒人は西欧諸国やヨーロッパの人よりも少なかったという価値観でした
黒人が奴隷だった日のアメリカでは、アジア人も差別された大阪で出会い

オーストラリアでは白人が1960年まで数百万人の先住民イエローを虐出会いた
オーストラリアは今は白い国ですが、90年前までは日本と同じ黄色国でしたが、白人男性は何百万人もの人々を斬った

英国、オランダ、フランスにもアジアに植民地がありました

そのような価値の時代に、私は日本がロシアの白をノックするのに十分気にしなかったと思う
アメリカはハワイの植民地を作った後、フィリピンを植民地とし、徐々に日本に近づいた
そして、私は日本にハノテと呼ばれる愚かな条約に立ち向かいました

もちろん私は日本を拒否した。
イギリスがインドを植民地化させ、ロシアでさえ日本の一部を植民地化させた時、
たとえ彼自身の米国であっても、オランダとフランスでさえアジアに植民地を持っていた

日本だけでは植民地を行かせることは不可能です

そしてアメリカは日本へのすべての石油輸出を止めた

資源がなければ、日本はロシアや米国のような白人の植民地になります...
日本は自分を守るために真珠湾を攻撃した

そして、東アジア大戦が始まる

そして日本は戦争を失った


どんな勝利国が嘲笑されようとも、私は「東京試験」を開いてそれを隠さなければならなかった。
•西側諸国が戦前に多くの植民地で政治家を政治化していたという事実。
戦前からの色の競争の差別があったという事実。
日本が西洋で「植民地解放」と「人種差別廃止」と戦った理由。
それは隠されていた

 

大阪出会い

 

そして、「東京トライアル」で演出と鍛造をしなければなりませんでした。
日本はアジア植民地を作る戦争を始めた。
日本は戦時中、アジアに苦しんでいたと多くの反逆を繰り返した。
日本は非常に危険で残酷で卑劣な民族集団だと言っても過言ではない。


それゆえ、日本の思想や歴史をすべて奪う必要があった。
日本に対抗し、西洋の正義の生産と製作に対するすべてのことが復讐した。

戦後、日本で徹底した反日教育を受けたのは米国だった。
日本は他の大阪で出会い諸国と同様に親しみのある日にはならなかった。


日本は日本と日本との取り扱いが喜んでいる。
もし日本が手を携えていれば、戦前の日本と東アジアのコンセプトに沿う【東アジア共同繁栄圏】が実現するだろう。
もしそうなら、ヨーロッパとアメリカの植民地政策の過去は、世界に明らかになるでしょう。

 

日本戦争の朝鮮半島は、米国、日本、ロシアに分かれていた。
このように、第二次世界大戦までの日本と日本は分裂した。
私は日本に反日教育を徹底的に植えました。
東アジアの共同繁栄圏が創出されれば、日本の生産力と日本の技術が世界を支配するだろう。
それを止めるには、アジアで技術的、経済的な力を持つ日本を孤立させなければならない。


特にGHQはスピーチや出版物のコントロールをしました。
私は首相に匹敵する年間年間2万円のスティックで英語を話せる日本人を雇い、町の話題、雑誌、新聞の物語を規制しました。
さらに、歴史資料・意見書など太平洋戦争の重要な文書を焼き、日本の歴史を消して修復しようとしました。

大阪で出会い
そのため、日本や日本をもたらし、不合理な虐殺などを起こし、反抗的な陳腐化材料で日本を悩ませました。

 

・>> 1

osakaay | - | 21:24 | comments(0) | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--